コラム更新日:2023.10.30

この記事では、医療DXの概念やその必要性、そして Google Workspace を活用して医療DXを実現する具体的な方法や活用事例について詳しく解説します。医療業界が直面する多くの課題を解決するための新たなアプローチとして、医療DXが注目されています。Google Workspace を活用して業務効率化を目指しましょう!


医療DXとは?その読み方は?

医療DX(読み方:メディカル(医療)ディーエックス)とは、保健・医療・介護の各段階での情報やデータを効率的に管理し、業務やシステムの最適化、データの共通化・標準化を進めることで、国民が質の高い医療やケアを受けられるようにする取り組みのことです。

なぜ医療DXに取り組む必要があるのか

日本の医療業界は、少子高齢化や人手不足、医療費の増加など、多くの課題に直面しています。医療DXを推進することで、これらの課題を解決し、医療の持続可能性を高めることが期待されています。医療DXを推進する理由は、以下の3つです。

医療従事者の負担軽減

少子高齢化や人手不足により、医療従事者の負担は大きくなっています。医療DXを推進することで、業務の効率化や自動化を図り、医療従事者の負担を軽減することができます。

医療の質の向上

ビッグデータを活用することで、患者の病状や治療方法をより精度高く判断することができます。また、オンライン診療や遠隔医療を活用することで、地域間の格差を無くしたり、患者の症状を早期に発見し、適切な治療を実施したりできます。

医療費の削減

医療の質が向上することで、疾病の早期発見や予防、効果的な治療法の選択などが可能になり、長期的な医療費の増加を防ぐことが期待されています。

日本では医療DXの取り組みが遅れている

医療DXは、医療業界が直面する課題を解決し、すべての人が質の高い医療を受けられる社会の実現に必要なものであり、今後ますます重要性が高まっていくと考えられています。しかし、近年の日本では、医療の分野におけるDX化の動きが遅れています。DX白書2023 によると、医療・福祉の産業における DX の取組状況としてはわずか9%と他の産業と比較すると明らかに低い数値であることがうかがえます。このように医療・福祉の産業でDX化が遅れているのには、次のような原因が考えられます。

DXの取組状況による産業分類

出典:【情報処理推進機構】DX白書2023

情報システムの統一と共有の課題

日本の病院や医療機関は異なる情報システムを使用しており、全国での情報共有の基準や方針が不足しています。また、一部の病院のシステムがインターネットに接続されていないことも共有の障壁となっているようです。

制度的・評価の壁とデータの活用

電子カルテの普及が遅れた制度的な背景や、医療のデータ活用に関する評価方法が確立されていないことが、DXの進展を遅らせる要因となっています。

病院のITリソースの不足

多くの病院で IT の専門家が少なく、システムの開発や運用は外部の業者に依存しているため、最適なシステム構築が難しい状況にあるようです。また、医療従事者のDX化に対する抵抗感も取り組みが遅れている原因として挙げられます。

参考記事:厚生労働省-医療DX令和ビジョン2030
参考記事:何故に医療情報の共有&利活⽤は進まないのか
参考記事:大阪公立大学における医療情報(HL7 FHIR)活用の取り組み、展望と課題

Google Workspace で医療DXを実現する方法

Google Workspace とは?

Google Workspace は、Google が提供するクラウドベースのオフィス業務に必要なソフトウェアのセットです。Gmail のビジネス用メール、Google ドキュメントの文書作成、Google スプレッドシートの表計算、Google スライドのプレゼンテーション、Google ドライブのクラウド ストレージ、Google カレンダーのスケジュール管理、Google Meet のウェブ会議など、さまざまな機能を備えています。

Google Workspace の詳しい内容や使い方、機能については以下の記事を参考にしてください。

参考記事:Google Workspace の使い方。主な機能と出来ること、料金プランを解説

Google Workspace の導入で医療現場の課題を解決

Google Workspace を導入することで、現状の医療現場での課題を解決することが可能です。まず、Google Workspace はクラウドベースなので、更新の必要がありません。操作が簡単で覚えやすく、必要なツールがひとまとまりになってるため、ツールごとの導入が不要です。また、セキュリティも万全で個人情報などを多く扱う医療現場でも安心して使うことができます。

医療現場への Google Workspace 活用事例

遠隔地の患者をリモートでサポート

Google Workspace を導入した医療機関では、医師や看護師は直接会うのが難しい患者との間で、オンラインのツールを使って治療や相談を行っています。Google Meet や Gmail のようなツールを使えば、安全に患者と医師がつながることができます。また、Google Workspace は、医療情報の安全性に関するルールや法律を守るためのガイドを提供しています。

組織全体のデジタルブランド資産を作成、表示、管理する

GoogleWorkspace を導入した医療機関では、Google ドキュメントやスプレッドシートを活用して治療のスケジュールや薬局の広告などのコンテンツを作成・管理します。スプレッドシートでは、部屋の使用状況や看護師の勤務状況などを一目で確認でき、効率的な運営をサポートしています。全ての情報は共有ドライブに保存され、従業員は最新情報にアクセス可能。デジタル化により、紙の使用を削減し、環境に優しい運営を実現しています。

Google Workspace ラーニングセンター「ヘルスケアに関するヒント」

医療DXのサポートはTSクラウドにお任せください!

電子カルテなど患者様の最も大切な情報を管理するツールのDX化にはいくつものハードルを越えなければなりません。まずは、スタッフ間のコミュニケーションツール・掲示物の作成・スタッフの稼働日管理などの事務作業を Google Workspace でデジタル化してみてはどうでしょうか?TSクラウドがサポートいたします。

ユーザー向け Classroom(トレーニング動画)を用意しています

Google Workspace に含まれる様々なツールの使い方について学ぶ動画をご提供し、ユーザーがスムーズに機能をお使いいただけるようサポートします。ネット環境さえあれば、どこでも自由なタイミングでトレーニングを受けることができます。「社内のスタッフに詳しい人がいない」「スタッフを育成する時間がない」など管理者によるレクチャーの時間を削減できます。

導入計画のご相談を承っております

TSクラウドのスペシャリストが、導入前にお電話やメール、ウェブ会議にて、コンサルティングサービスを提供し、見積もりや導入計画のお手伝いをしています。

Google Workspace を導入するための申込み手順や、始め方について知りたい方はこちらを参考にしてください。

参考記事:Google Workspace 導入はこれで完璧!申し込み手順を詳しく解説

小規模院〜大規模病院まで幅広い導入実績があります!

TSクラウドでは大規模な病院から小規模な診療所・クリニックまで、幅広い導入実績があります!ぜひTSクラウドに課題感やお困りごとをご相談ください。

Google Workspace のお問い合わせはTSクラウドまで

本記事では、医療DXとは・医療の現場が抱える課題などについて解説しました。TSクラウドでは、医療現場のDX化に適している GoogleWorkspace の販売を行っています。プロフェッショナルなスタッフが導入をサポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

株式会社TSクラウドは、Google Workspace の正規代理店として、ユーザーの皆様の支援を行っています。電話やメールなどによるスピーディーで丁寧なサポートも充実しています。Google Workspace のコストダウンの検討や、お困りごとがありましたら是非ともTSクラウドにご相談ください。

まずは無料トライアルから!

               

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

support