Google Workspace
とは?

Googleは、2020年にG Suiteのリブランディングを発表し、Google Workspace(グーグルワークスペース)へ名称を変更しました。Google Workspaceは、Gmail、Googleカレンダー、Googleドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Google Meetといったアプリケーションがこれまで以上にシームレスに連携され、料金プランが再編されています。
私たち株式会社TSクラウドは、正規の販売パートナー(プレミアパートナー)として、販売代理店を行っています。

Google Workspace

Google Workspaceの基本的な使い方の詳細を見る

Google Workspace

アプリケーション紹介

Google Workspaceの代表的なアプリケーションは以下の通りです。強力なビジネスソリューションになっており、500万社以上の企業がGoogle Workspaceを導入しています。

Gmail

Gmail

スパムや広告の心配がないビジネスメールです。個人のGmailと異なり、独自ドメインの使用が可能。すべてのメールアカウントを一元管理することができます。

Googleドライブ

Googleドライブ

あらゆるファイルを保存・共有することが可能。どのデバイスからもデータにアクセスができ、重要なファイルも簡単に見つけられます。

Google Meet

Meet

安全性の高いビジネスのWeb会議ツール。専用のソフトをインストールする必要がなく、モバイル端末でも使用可能です。

Googleカレンダー

Googleカレンダー

チームでの情報共有に優れた統合型のオンラインカレンダーです。

Google Chat

Chat

安全性の高いコミュニケーションプラットフォームです。

Googleドキュメント

ドキュメント

複数人で共同作業できるドキュメント編集ツールです。

Googleスプレッドシート

スプレッドシート

複数人で共同作業できる表計算ツールです。

Googleフォーム

フォーム

簡単に作成できるアンケートフォームです。

Googleスライド

スライド

複数人で共同作業できるプレゼンテーションツールです。

Googleサイト

Googleサイト

便利なウェブサイトを簡単に作成できます。

Google Keep

Keep

外出先でのメモやToDoリスト作成ができます。

Google Apps Script

Apps Script

簡単なプログラミングで複雑な処理の自動化が行えます。

管理コンソール

管理コンソール

ドメイン設定を直感的に一元管理ができます。

エンドポイント管理

エンドポイント管理

社員のデバイスをワンストップで管理できます。

Google Currents

Currents

Googleが提供する社内SNSです。

Cloud Search

Cloud Search

Google Workspace内の情報を横断的に検索できます。

Google Vault

Google Vault

情報ガバナンスと電子情報開示のためのツールです。

Work Insights

Work Insights

機能の利用状況を簡単に把握できます。

Google Workspace
のプランは?

Google Workspaceには主に6つのプラン(エディションと呼ばれる)があります。
料金や機能の違いについて、以下を参考にしてください。

  Business
Starter
Business
Standard
Business
Plus
Enterprise
Essentials
Enterprise
Standard
Enterprise
Plus
年契約 ¥680/月 ¥1,360/月 ¥2,040/月 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ
最大使用人数 300人 300人 300人 上限なし 上限なし 上限なし
Gmail
クラウドストレージ容量 30GB
(プール)
2TB
(プール)
5TB
(プール)
1TB 必要に応じて拡張可能 必要に応じて拡張可能
Googleによるサポート時間 24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日 24時間365日
Cloud Search
Google Vault
共有ドライブ
特徴 クラウドオフィスに必要な基本的な機能を備えている 部門やチームでの使用に適している 高度なセキュリティ機能を備えている メール環境が既にあるユーザー向け エンタープライズレベルのセキュリティと機能を備えている 極めて高度なセキュリティとコンプライアンスの機能を備えている
*年契約/1ユーザーあたり

エディションの詳細を比較表で見る

Google Workspaceの購入方法

Google Workspaceは、2つの方法で購入することができます。販売代理店を介さず直接Googleからクレジットカードで購入する方法と、Googleの販売代理店を通じて購入する方法です。

  Google
公式
TS
クラウド
消費税 10% 10%
請求書 なし あり
(メールでPDFを送付)
導入前サポート なし あり
(無料)
カスタマーサービス 日本語 日本語
支払い方法 クレジットカード(自動引き落とし) 銀行振り込み
導入時のセットアップ代行 なし 提供あり
(有料)
トレーニングコース なし 提供あり
(有料)
                 

*TSクラウドでのご契約は、年間契約・一括前払い(請求書払い)をお願いしております

Googleからの直接購入と代理店購入の違い

Google Workspace
の申込方法

Google Workspaceの申し込み方法は、Google公式サイトで申し込む方法と代理店を通じて申し込む方法があります。

Google公式サイトから申し込む場合、ご自身でDNSの設定などの初期セットアップを行う必要があります。セットアップ方法は、以下の「3ステップで企業向けGmailを簡単設定」をご覧ください。ただし、決済方法はクレジットカードのみとなるため、請求書による支払いを希望される場合は、代理店から購入してください。

TSクラウドを通じて申し込む方は、TSクラウドの専門スタッフによるセットアップサポートや、トレーニングコースの追加購入も可能です。

3ステップで企業向けGmailを簡単設定

Google Workspace
の無料トライアル

Google公式では、14日間の無料トライアルが提供されています。もう少し長いトライアル期間が必要な企業様向けに、TSクラウドは30日間の無料トライアルをご用意しております。以下のボタンよりお申し込みください。5アカウント以上を必要とする法人のお客様のみ、申し込み可能です。

企業様ご自身で初期セットアップを行っていただくか、TSクラウドから初期セットアップサービスを追加購入することで、最短1営業日で初期セットアップを完了ことができます。

トライアルについてご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームもしくはお電話にてご連絡ください。本導入がお決まりの際には、手数料なしで切り替えのお手伝いをさせていただきます。

30日間の無料トライアルに申し込む

Google Workspace
を使い始めるには?

中小企業は、組織構造が複雑な大企業に比べてスピーディーにGoogle Workspaceへの移行が可能です。導入企業様でセットアップを進めるか、TSクラウドが初期セットアップを代行する初期セットアップの代行サービス(通常3日以内に完了)を購入するかは、選択していただけます。

一方、大規模な企業の場合、すでに確立されたシステムやハードウェアがある場合が多いため、Google Workspaceへの移行はより慎重に計画する必要があり、いくつかのステップを踏んで移行を進めていくことになります。

小規模企業(50名以下)

初期セットアップについて

Google Workspace
のトレーニング動画

TSクラウドでは、オンライントのレーニング動画を日本語・英語・中国語で提供しており、より多くの方がスムーズにGoogle Workspaceを活用できるよう準備を整えています。

トレーニング動画について知る

Google Workspace
の拡張機能

Google Workspaceに後から機能を追加することができます。Apps Scriptを使った自動化、共有のアドレス帳の作成など、ご希望の方はお問い合わせください。

拡張機能について知る

rakumo for Google Workspace

Google Workspace
導入事例

多様な業界のお客様がTSクラウドを選んでくださっています。
導入企業様がどのように課題を解決しているのか参考にして下さい。

導入事例をもっと見る

専門スタッフに相談する

Google Workspaceの詳細から導入サポートまで、丁寧にご案内します

問い合わせフォーム

contact  とりあえず相談する

30日間無料トライアル

contact  すぐ申し込む
support