「Gmailでメールが届かない」を解決。迷惑メールにもない場合は?

コラム公開日:2023.07.07

Gmailでメールが届かない、または送信できない時に確認すべきポイントと、それを効率良く解決するためのガイドをステップ方式で紹介しています。また、受信できない・送れない原因の特定方法についても解説します。探しているメールが迷惑メールにもないなど、メールの送受信に関する問題を解決し、コミュニケーションの質と速度を最適化しましょう。


無料トライアル30日

まず可能性のある原因を推定する

対処をしていく前に、だいたいの原因推定ができると解決が早くなります。以下の項目を参考にしてみてください。

エラーメッセージを読む:エラーメッセージが出ている場合には、エラーメッセージから原因のヒントを得ましょう。技術用語などがある場合でも、エラーメッセージをウェブ上で検索することで原因の特定が可能です。エラーメールが届いている場合にも、エラーの内容を確認してみましょう。

問題の再現をする:問題が一貫しているか、またはランダムに起きるか、同じ操作を繰り返してエラーの再発をチェックします。問題が特定の行動や状況と関連しているかを確認できます。

近況の変更を振り返る:新しいソフトウェアのインストール、設定の変更、システムの更新など、エラー発生前に行った変更を考慮してみましょう。

環境を検証する:エラーが特定のハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク環境でのみ起きるか確かめます。異なるデバイスやブラウザでテストし、VPNを使用する等、環境を変えて問題が解消するかチェックします。

Gmailでメールが届かない原因と対処法

「Gmailが届かない」を解決するためのガイドをステップ方式で解説します。「迷惑メールにもない」とお困りの方も多いでしょう。順に確認をお願いします。

ステップ1:インターネット接続を確認する

まずはスマホやPCがインターネットに接続されているか確認してください。Gmailアプリやブラウザから他のウェブサイトが開けるか試してみましょう。

ステップ2:Gmailのステータスを確認する

Google WorkspaceのStatus Dashboardにて、Google Workspaceに含まれるサービスの現在の状態を確認できます。Gmail自体に障害が発生していないか確認してください。

ステップ3:Gmailアカウントを確認する

ログインしているGmailアカウントが異なる場合も想定できます。正しいアカウントでログインしてみましょう。

ステップ4:Googleアカウントのストレージをチェックする

Googleアカウントのストレージ容量が上限に達していると、新しいメールを受信できません。storage確認ページから確認するか、ドライブの左下に表示されているストレージ使用量を確認してみてください。

ストレージ使用量を確認

ステップ5:スパムフォルダを確認する

メールがスパムとして誤って分類され、スパムフォルダ(=迷惑メールフォルダ)に入っている場合があります。受信できていないメールがスパムフォルダに入っていないか、確認してください。

迷惑メールフォルダ

ステップ6:フィルター設定を確認する

メールが特定のフォルダに自動的に移動するようにフィルタリングルール設定がされている場合、そのメールは受信トレイに表示されません。「設定アイコン」>「すべての設定を表示」>「フィルタとブロック中のアドレス」よりフィルター設定を確認し、必要に応じて調整しましょう。

フィルタ設定

ステップ7:ブロックリストを確認する

送信者のメールアドレスやドメインがブロックリストに入っているか、受信拒否の設定がされている場合もGmailが届かない原因となります。「設定アイコン」>「すべての設定を表示」>「フィルタとブロック中のアドレス」よりブロックリストを確認し、必要なメールアドレスやドメインのブロックを解除しましょう。

ブロック中のアドレス

ステップ8:メールの転送設定をチェックする

Gmailの設定により、受信したメールが他のメールアドレスに転送されている場合があります。「設定アイコン」>「すべての設定を表示」>「メール転送とPOP/IMAP」より転送設定を確認し、必要に応じて転送設定をオフにしてみてください。

ステップ9:送信者にメールアドレスを確認してもらう

送信者にメールアドレスが間違っていないか確認してもらいましょう。メールアドレスが間違っている場合、Gmailが届かない原因となります。

ステップ10:送信者に添付ファイルのサイズを確認してもらう

送信されたメールに大きな添付データが含まれている場合、そのデータの容量制限によってGmailが届かない場合があります。添付ファイルの容量制限は、送信での添付ファイルの最大サイズが25MB、受信では最大50MBです。添付ファイルの容量がオーバーしていないか送信者に確認してもらいましょう。

参考記事:Gmailの添付ファイル制限。Googleドライブを活用した送信方法を紹介

ステップ11:送信者のメールサーバーに問題がないか確認してもらう

送信者のメールサーバーに問題があると、メールが正常に送信されない場合があります。送信者に問題がないか確認をお願いするか、別のメールアドレスからメールを送ってもらい確認してみてください。

Gmailでメールが送信できない原因と対処法

ステップ1:インターネット接続を確認する

まずはスマホやPCがインターネットに接続されているか確認してください。Gmailアプリやブラウザから他のウェブサイトが開けるか試してみてください。

ステップ2:Gmailのステータスを確認する

Google WorkspaceのStatus Dashboardを確認しましょう。

ステップ3:送信先メールアドレスを確認する

送信先のメールアドレスが誤っていると送信できず、エラーメールが返ってきます。アドレスが正しいか再度確認してみましょう。

ステップ4:メール送信数を確認する

Gmailには1日あたりに送信できるメール数や受信者数の上限があります。1日の送信数の上限は2,000通とされています。上限を超えてしまった場合、そのユーザーは最長で24時間メールを送信することができません。

ステップ5:添付ファイルのサイズを確認する

メールに大きな添付データが含まれている場合、そのデータの容量制限によって送信できない場合があります。添付ファイルの容量制限は、送信での添付ファイルの最大サイズは25MB、受信では最大50MBです。Googleドライブを使ってファイルを送信するか、ZIP形式に圧縮するなど対策しましょう。

参考記事:Gmailの添付ファイル制限。Googleドライブを活用した送信方法を紹介

ステップ6:添付ファイルがGmailで送れない形式でないか確認する

Gmailでは以下のデータ形式はブロックされます。形式を変更するなどの対応をしましょう。

.ade、.adp、.apk、.appx、.appxbundle、.bat、.cab、.chm、.cmd、.com、
.cpl、.diagcab、.diagcfg、.diagpack、.dll、.dmg、.ex、.ex_、.exe、.hta、
.img、.ins、.iso、.isp、.jar、.jnlp、.js、.jse、.lib、.lnk、.mde、.msc、
.msi、.msix、.msixbundle、.msp、.mst、.nsh、.pif、.ps1、.scr、.sct、
.shb、.sys、.vb、.vbe、.vbs、.vhd、.vxd、.wsc、.wsf、.wsh、.xll

ステップ7:メールの文字数を確認する

Gmailでは、メールの件名が空白だと送信できない場合があります。また、メール本文が長すぎると送信できない場合もあります。

ステップ8:セキュリティ設定を確認する

Gmailのセキュリティ設定が原因で送信がブロックされていることもあります。特に、二段階認証を設定していて認証が完了していない場合、メールの送信ができないことがあります。

ステップ9:SMTP設定を確認する

メールクライアントを利用している場合、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)の設定が間違っているとメールの送信ができません。社内のGoogle Workspace管理者に確認しましょう。

ステップ10:受信側の設定を確認してもらう

送信したメールがスパムと判断され、迷惑メールフォルダに自動で移動している場合や、フィルタの設定により、受信トレイではない他のフォルダに移動している場合があります。送信に問題がないようであれば、受信者に他のフォルダを確認してもらいましょう。

Google Workspaceに関する問い合わせはTSクラウドへ

GmailはGoogleが提供する高機能な電子メールサービスですが、PCやスマホのGmailアプリでメールが届かない・送れない・迷惑メールにもないなどの問題が起こることもあります。原因を特定し、適切な対策をとることで、スムーズなコミュニケーションを実現させましょう。

無料トライアル30日

株式会社TSクラウドは、Google Workspaceの正規代理店として、ユーザーの皆様の支援を行っています。電話やメールなどによるスピーディーで丁寧なサポートも充実しています。Google Workspaceのコストダウンの検討や、お困りごとがありましたら是非ともTSクラウドにご相談ください。

まずは無料トライアルから!

               

Google Workspaceにご興味のある方、
ご連絡ください。

とりあえず問合せる

Google Workspaceの質問から導入サポートまで、専門スタッフがご案内いたします

30日間無料トライアルを申し込む

費用を発生させる前に、実際の動作環境を体験しましょう

もっと読む

support